忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 05/25/04:31

自重しろ俺&一緒に誰か泣いてください…


……下の感想を書いた後、ガン泣きして、友人に電話して二時間泣きました。
20過ぎて子供向けアニメでガン泣きさせられるとは思わなかったよ畜生。GXのことなんにも知らないのに二時間付き合ってくれてありがとう友よ。

頭がぼうっとして何も考えられなかったのですが、つけっぱなしのテレビからブリーチのオープニングが流れた瞬間、マジで涙腺崩壊しました。

《もう誰かのためじゃなくて 自分のために笑っていいよ》

これだけだよ。
こんな陳腐なフレーズでなんで泣くんだよ自分、と思いました。こんなの誰だって言えそうな安い台詞じゃん、と。
でも誰が今の十代にこれを言ってあげられるんだよ? と思って、愕然としたのですねえ……
誰だって言えそうな安い慰め文句すら、誰一人として言えない。十代の心に届く重みを持って、言ってあげられない。

誰からも愛されない孤独は哀しいけど、愛されてなお孤独なのはまったく違う哀しさがあると思う。

誰からも愛されてるのにあんなにも孤独なんて可哀想過ぎる。
もう立たないでいい、笑わないでいい、戦わないでいい、と思うのに、二次創作ですらそれを書けない自分の無力さにゾッとします。
もしも目の前に十代が居てもなんにもできないよ私。こんな仮定ばかすぎると思うけど本気でそう思うんだよ。なんのために年取ったのかわかんないよ。むちゃくちゃ無駄だよ。たった18歳の男の子一人、何にもしてあげられやしない。

友人に言われた「聞くことしかできなくでごめんなさい。私なんかぜんぜん分かってなくて…」が沁みました。
誰かその台詞、十代に言ってあげてくれ… 

マジキモいですが本気でした。すいません。
緊急でチャットおきます。友人と在中してます。
誰かいっしょに泣いてください・・・
http://zyukai.carbon.cgiboy.com/
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら