忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 02/24/12:53

Σ (゚Д゚;)


第147話 《因縁の対決 サイバー流VS宝玉獣》を鑑賞しました。

……Σ (゚Д゚;)

……Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ちょっ…… えっ、何コレ。遊戯王GXってこういう番組だったの!?
視聴をし始めたのが覇王編ラストだったので、生ヨハンをTVで鑑賞したのはこれが初めて。

「この世界は一つに統一されるのさ…… 愛の名の下に!

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)…… Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

愛?
よりにもよって愛!?
ちょっ、テレビみてて、カオがホントにこうなった→Σ (゚Д゚;) んですけど!?

「苦しみ、痛み…… それこそ十代が教えてくれた愛の形……」

エエエエエエエエエΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

何言っちゃってるのアンデルセンさん!? むしろイッちゃってるの!?
でも途中まで見ててユベルが憑依しているとわかって一安心しました。うん、ユベルだったら言ってもおかしくないよね…… よかった…… まさかアンデルセンさんが生で《愛》とか言ってたらどうしようかと思った……
ヘルカイザーの発言もいい加減わけ分からなかったけれど、アンデルセンさん錯乱のショックで何も考えられませんでした。とりあえず台詞だけ聞いてると変態同士の会話なんですけど。
何このガチホモVSマゾカイザー…… いやいや。

まだ一回目なので記憶はかなりあいまい。でも、思ったことだけ書き出してみます。
十代は上手い具合に融合を使わずデュエルを切り抜け。さすが十代。そして三沢グッジョブ。
三沢の言ってることはいちいち正しいんですけれども、十代にとってはキッツイ台詞ばっかりなのですよね~。ただ、「力なき正義は無力だ!」に何かこうズンと胸に来るものを感じました。このシチュだからこそこの台詞が重いぜ。そういえば今回は名台詞ぞろいでしたね。
クロノス教諭の「人間には最後の瞬間まで充実して生きる権利と義務がある」とか、
カイザーの「あんた今でもいい先生だぜ」とか…… ここのやりとりにほろりと来ました。クロノス先生、あんたいい人だよ!!

デュエルの感想としては、宝玉獣は予想通り《アドバンスド宝玉獣》という強化タイプに。覇王十代の闇E-HEROみたいですね。《アドバンスド・ダーク》は《オレイカルコスの結界》みたいでしたけれども。
ヘルカイザーがサイバーツインドラゴンを召還。おおっ、初めて見た。その前に墓地に一体サイバードラゴンを送ってるので、次のターンにはサイバーエンドの召還かな?
フィールド魔法効果でガンガン墓地に宝玉獣を送っていくアンデルセンさん。そんなにガンガン送ってると侵食率が危なくなりますよモンスターの手数がなくなって後で困りますよ。いやまあさっさとレインボードラゴンを召還するためにせっせと宝玉獣をデッキから出したいのは分かるのですが。クライマックスフェイズより前にあきらかに100%超えてるってアナタ完全にジャームでは
「ヨハンのデッキにはもうモンスターはいない」…… ほんとに7体しかモンスター入れてないんですかアンデルセンさん…… 漢というか…… 三期のキャラはなんでみんなこんな変なデッキ持ってんの。
そして闇ヨハンVSヘルカイザーは一話目にしてまさかのカイザーの詰め。次回以降への布石だと分かっていても興奮するいい展開です!
とりあえずアンデルセンさんはフィールドに一枚カードを伏せているし、A宝玉獣はみんな墓地もしくはトークンとしてフィールドへ。レインボードラゴンの召還条件はたしかすべての宝玉獣をフィールドに置くことだったので、とりあえず布石は整ってますね。これは推測なんですが、もしかしたらレインボー・ダークの召還条件は「すべてのA宝玉獣を墓地に置く」なんじゃないかな? その場合、トークンを墓地に送ってダメージを相殺するようなカウンター罠、もしくは魔法で来ると予想します。あるいは本来の宝玉獣のフィールド魔法、《レインボー・ルイン》のようなフィールドに置かれた宝玉獣トークンの数による特殊効果の発動か。でもこれはあまり美しくないので使って欲しくない気がします。
ヘルカイザーの方はサイバーツイン→サイバー二匹でまさかの猛ラッシュ。ここまでラッシュをかけるのは手数で攻めるヨハンのデッキを見越してのことでしょうが、鮮やかでお見事。現在墓地にはサイバードラゴン1体、サイバーバリアドラゴンが一体。サイバー流だとモンスターを装備魔法として扱うコンボがあったはずなので、おそらく次回以降はサイバーエンドにそれを上乗せしてくるでしょう。サイバーエンドは相手の守備力をこちらの攻撃力が上回った分だけダメージを上乗せするので、防御重視のバリアが来ることはないかなあ。たぶん手札から貫通力を増すためのカードを出すでしょう。
この戦闘、まさかの3~4ターン決着か!? ……それはイイ! おもしろい!!

やっぱりデュエルに華があると見ごたえがあって面白いなあ(しみじみ)。
私はTCGはほとんど遊んだことがないのですが、GXのデュエルはTRPGっぽいのでいろいろと予想しながら見られていいです。なんというか使いたい手札はかならず手元にあるあたりが特に……(笑>TRPGっぽい
でも引きの不安定さにキャラクターが振り回されちゃったら、絵になりませんもんね。

やー、でもアンデルセンさんのまさかの変貌には驚いた。中の人がいるとわかって安心しましたが、しかし、黒のボンテージで登場して、「愛」なんて台詞を吐くような変態に…… ノースリーブを着た二の腕の逞しさにもぎょっとしましたが。(笑) なんであんなに腕が逞しいのアンデルセンさん。なるほど、翔を持ち上げたり、ジム+カレン+剣山の推測130kg以上をあのほっそい十代との二人で運べたはずです。
アンデルセンさんの腕、タニヤさんの二の腕といい勝負だわー。細かいところだと、マッチョウイメンが大好きな私にはタニヤさんと三沢っちの身長さはツボでした。
三沢の喝で、やっとちょっと自分を取り戻してきた十代。でも、このデュエルを目の前で見せるなんて残酷…… でもヨハンはユベルに支配されていると分かっていて、ヘルカイザーは本望だと分かっていたら、まだしもある程度は平常心で見られるのかしら。
そして好みのタイプは十代・ヨハンみたいなヤツだと宣言しちゃったヘルカイザー。
「オマエがヨハンの顔をしていて、ヨハンと同じデュエルをするなら、何者であっても構わない」 ……それを人は好みのタイプといいます。
ようするに生き生きとデュエルをする、引きがよくて勢いのある感じの人がタイプってことなんでしょうが。D-HERO使いのエドはどうだったんでしょうかね。でも彼は若干癖のあるタイプなので違うかも。城ノ内デッキを露骨に意識してる吹雪さんも、もしかしたら昔はこのカテゴリだったのかも。
「ここで死ぬなら本望だ」的な、なんつうか「チリンのすず」的な台詞を言っちゃったヘルカイザー。このマゾカイザーめ。でも、何かまだ他にもありそうなことを言ってたよなあ? 死ぬのは確定だと思うんですけれども、どうなるのでしょうか。もしかして死んでカードの精霊になるの?
……ここから下は翔への文句なので反転します。
《反転開始:いくら操られていたからって、十代が他のみんなが目の前で死んでいくのに苦しんでいたのを、あんなに冷淡に眺めていて、自分が兄に死なれるからってあそこまでうろたえるのはどうなの、翔…… 十代の気持ちが今になってやっと分かったなんていうことは言わないでほしいです。肉親に死なれたくないのは分かる。でも、その気持ちは十代だってきっと同じだったんだよ。まして十代はオブとかジムには直接手を下しててさあ……!!
翔、変にKOOLになったり、斜に構えたりしないで、当事者に戻ってください。十代たちと一緒に苦しんで、嘆いて、そして精一杯頑張ってください。敵はまだたくさんいるのに、もう、残ってるのはキミと三沢とクロノス先生だけなんですから。
オマエも早く帰ってこーい、翔~!! 
反転終了》

えーとこの前にはローゼンメイデントロイメントを見てたんですけど、一気にもって行かれたよ…… 萌えの力って恐ろしいね……
とりあえず今からもっかい今日の分を見て、それから、前回までのおさらいをしたいと思います。アモンVSエドも哀しいけどもう一回おさらいしておこうっと。
それにしても恐ろしいアニメですね、GX。何この六時台だとは思えねーこのヘビィかつガチな展開。
あと覇王十代の復活フラグが若干立ったのが嬉しかったです。もう一回登場するのかな、覇王様? 楽しみです。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら