忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/07:31

わたしのファラオを悼む


何を間違ったのか、『花の伝説』(新紀元社)という本を買ってきました。
あれ… おかしいな… ユング系の資料を借りるはずだったのに。

でも、執筆陣にエジプト神話の専門家がいるせいか、『花の伝説』はエジプト関連エピソードが多くてちょっと面白かったです。アニメ再放送はちょうど今古代編だしね。
そんでアテム、というか、そのモデルになったツタンカーメンといえば、ヤグルマギクと彼の愛しい妻にちなむ、古代史においては稀有なくらいのロマンチックで切ないエピソードですよ!
いろんな意味で古代エジプトでいちばん有名なファラオであるツタンカーメンは、あきらかに、アテムのモデルだと思われます。
いろいろ理由はあるんですが、ツタンカーメンというのは正確には”トゥト・アンク・アメン”つまり”アメン神の生きるしるし”って意味であり、”アテム”の別発音にあたる唯一太陽神”アテン”神信仰を復活させたことで知られてるファラオだったり、
18歳で謎の死をとげててその墓を暴いた人が呪われたり死んだりいろいろしたり、
ツタンカーメンを謀殺したと言われてるホルエムヘブの後を継いだラムセス一世の息子が『セト神の君』って名前を名乗ってるセティ一世だったり、
セティ一世の手によってツタンカーメン時代のアテン信仰は封印されてセト神信仰とか古代エジプトの多神教が復活させられてツタンカーメン時代の歴史の多くが封印・抹消されてたり、
まあ、とりあえずそんなこんなで、『アテム=ツタンカーメン』説で間違いはないかという話。

そして、18歳で死んだツタンカーメン王には、奥さんがいました。異母姉弟の関係だと推測されている、王妃アンケセナーメンです。
アンケセナーメンとツタンカーメンは幼馴染で異母姉弟で、その仲のよさは壁画になって残されているくらいのものでした。でも、アンケセナーメンは夫の死後、夫のことを暗殺した犯人と目されており、ファラオの位を簒奪した神官アイの元に嫁ぐことになります。可哀想な人なのです。
そして、ツタンカーメンの墓は、王家の谷に厳重に隠されており、死者の書も失われてたりといろいろ謎に満ちてたんですが、そこで見つかった不思議な副葬品が、今回の本題である『ヤグルマギクの花束』だったのです。

ヤグルマギク→http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/yagurumasou.html

古代エジプトには、特に、花を死者と共に埋葬する…という特別な風習はなかったんだそうです。
ですが、このヤグルマギクの花束は、ツタンカーメンの王墓の中にひっそりとおさめられており、3000年後においても、灰色に変色しながら、いまだにその姿をとどめていました。今もエジプトの博物館で見ることができます。
古代エジプトでは青い花は魔よけとされており、また、麦を刈った後に生えるとされているヤグルマギクなので、肥沃なナイルのめぐみの下で麦の栽培を行っていた上エジプトでは、わりと見かけられる花だったんでしょう。
幼い頃から仲むつまじく、長じてからも心から愛し合っていた夫を、わずか18歳という若さにして失う… その墓にヤグルマギクの花束をささげたアンケセナーメンの思いというもんには、何か、「ファラオとその王妃」という肩書きがどうでもよくなるくらいの深い愛情と悲しみが感じられる、という感じです。

そして、「ヤグルマギクの花のように青い」というのは、ヨーロッパだと「青い瞳」の形容詞としてよく用いられる言葉でもある。
ヤグルマギクを英語でいうと「コーンフラワー」なのですが、現在ではもう採掘されなくなってしまった最高級のサファイアの色をたとえる言葉に、「コーンフラワー・ブリュー(ヤグルマギクの青)」という言葉があったくらいです。
青い瞳、ヤグルマギクの青、若くして死んだファラオとその後を継いだ神官、最愛の夫を失った王妃と歴史の闇に消え去った青い瞳の乙女、と並べていくと、なんだか出来すぎって気がしてくるくらいロマンチックです(笑

遊戯王本編だと、セトにはキサラがいましたが、アテムの妻については特に言及が無かった…
しかし、本来はヤグルマギクの青を哀しみと共にアテムにささげた、彼の幼馴染にして花嫁である存在が、歴史っていう意味で考えるなら、いてもおかしくなかったわけですね。
個人的にはアテムの死後、おそらくはキサラも葬った後に、「アテムの王妃」が青いヤグルマギクの花束を王墓にささげるさまをみて、セト様が何を思ったのかー、とかいうのも考えるところです、はい。



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら