忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/15/08:30

176話 死んだ女よりも哀しいのは


《死んだ女よりも哀しいのは 忘れられた女です》
( 寺山修司 )

初めにジム連絡…もとい事務連絡です。(一発変換自重しろ)
同人誌についてなのですが、リターンアドレスが分からず、メールでの入金確認や発送確認ができない方がいらっしゃいます。本は問題なく発送できそうです! でも、もしも心当たりのある方がいらっしゃいましたら、ご一報いただけると幸いです。

今週の感想は、原稿のため短縮版。
ゆうちゃんかわいい、いや、可哀想だけど、かわいいというか、あんな子だとは思わなかった。純粋に自分の知的好奇心で闇を求めたのではなくて、闇を心に宿していた彼がダークネスに魅入られただけだったのですね。
まさかの仔ゆうちゃん… 
両親を一気に無くし、しかも、親類縁者もひとりもいない。しかも気になったんですが、あの場所どこなんですか。モルグ(死体置き場)だよね? 日本にああいう棚になったモルグってありましたっけ…?
作中で明言されてなかったですが、もしかしてゆうちゃんのご両親は、事故というよりも犯罪にまきこまれたのか? とちょっと思いました。しかし、きちんと対面も出来ない場所にあんなちっちゃい子をつれていくなんて。むごい…
そんで、夢中で錬金術にふけってるふじわらをみて、生体練成でもする気なのかと思ったという罠。やっぱり両親をよみがえらせるのか?

そんで、《忘れる》《忘れられる》発言になんとなく動揺してる風の十代と、それと引き換えにみるとやっぱり戦術的で好戦的な印象のヨハン。
次回予告でレインボーネオスと聞いてて、超融合でもするのか? とおもったのですが、最後まで引き頼りというよりも次から次へとカードを出してくる宝玉のしぶとさで押し切ったヨハのプレイングがいいなあと思った…
…のはいいですが、三期を通してぜんぜん成長してないっぽいアホの子デルセン。
ちょ、おま、十代をあそこで残して、そのあとドンだけ苦労をさせたか覚えていないのかと!!
ほかの手がないとはいえ、あっさりと自分を捨て駒にするなぁ! あのあとよみがえれなかったらどうするつもりだったの!?(汗
倒れちゃおきあがり、またおきあがっちゃ倒れなおきあがりこぼしデルセン。今回も元ヤンデルセンな感じ満開でメンチ切ってるガラの悪さに大笑いでした。お前、ほんとに優しいのは十代に対してだけなんですね!

今回のさりげない萌えポイント。
「死ぬ」→「死者は生者を忘却する」というトラウマから、「いっそ何もかもこちらから棄ててしまえばいい」という思考回路にいってしまったふじわらと、心中する気だった吹雪さんのすれ違い。
そうか、だから失敗したんだね、吹雪さん…せつなす。
そして初めてあかされる青三傑の現役学生時代。バカ丸出しのJOINに和む。美形なのに顔がくずれてる… 授業中に寝るなよ! あんた五年後も寝てたけどな!!(笑
そんで、「好敵手の名前(ともの名前)」の絵が、さりげなく真紅眼の黒龍だった件について。
《好敵手》でレッドアイズといったら、凡骨が出てくるところですが、ここ最近の流れだとやっぱ吹雪さんを思い出してしまいます。吹雪さんは記憶をなくしても思いは生きてるって言ってた。ふじわら、君の居場所はまだここにあるんだよ…
…うっかり変な戻り方をしたら、まさかのレイちゃんと同学年になりかねないが。
(その後:ニコ動で確認。止めてみたらほんとに凡骨カードでした。OCG化は難しいかもしれないが、これは凡骨ファン垂涎。凡骨&真紅眼ファンの方々は、ここ最近のアニメオリカ垂涎だろうなー)

ところで来週のダークネスなんですが、あれって外見がちょっとアムナエルに似てません?
まさかの三年越し伏線回収、またしても故人のほうが多いOP、さらに十代の《地球最後の男》とあいかわらずつっぱしってるな~。

今週は原稿がかなりアレなので見るかみないか迷っていましたが、見てよかった。ちゃんとリアルタイムの展開を原稿に入れられそうです。
がんばる! がんばる! がんばる!!
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら