忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 06/25/05:06

167話 蛍の光、窓の雪


なんという一期…!!!

なんか二期の次が四期のような気がしてきましたよ… 三期は大好きだけど、これをみてると黒歴史にしてもいいような気がしてきた…(笑
例が例のごとく箇条書き感想。

・卒業アルバム完成
フラッシュメモリーで渡すんだ… さすが未来。卒業アルバム見ながら涙ぐんでるクロノス先生にすごくいい話しの予感が。裏切られなくてほんとに良かった。
・サボり十代
お前なんか考えてたのかと思ったら、たんにサボってただけかよおおおお!!!(爆笑
いくら覇王様とユベル混ぜて昼間眠くなりやすくなったからって出席はしないとだめ! 単位充たさないと卒業できませんよ! …と、言ってみて、単位とかいろいろ言ってたのは高校じゃなくて大学のような気がしてきたのですが。アカデミアの制度っていまいち分からない。
・クロノス先生もサボる
錯乱の仕方が可愛すぎるww やられるほうはたまったもんじゃないですがな! そして桁の小さい計算がすばやくできないとデュエルはできないというのには同感。TRPGでも頭の中の計算をミスるとえらいことになることがよくあります。が… にしてもひどい(笑 
でも、《休講》って言葉、高校にあったか? やっぱりシステム的にはどっちかっていうと大学っぽい感じのDA。
・クロノス先生、逃げる
なんというコミカルな追跡劇…!!
お約束のごとくトメさんになってみたりしてたり、なぜか校長室に道が繋がってたり、どこまでも一期、どうみても一期。かわいいなぁおい。追い詰める場所がアカデミアのデュエルリングだってのもお約束ですわ。

そして、ここまでで10分に達していないというテンポのよさ。すげええええ!!
前ホビーアニメとしての遊戯王シリーズについて話したことがあったんですが、いろいろとホビアニとして逸脱してるところがあるにしろ、こういうテンポのいい話を見ると、やっぱし遊戯王はホビーアニメ… としみじみと思います。
ホビーアニメ=おもちゃメーカーがスポンサーについてる販促アニメ
よく言われるのが戦隊モノはバンクと戦闘シーンが絶対に入らないといけないから、本編のストーリーは正味15分で終わらせないといけないとかね!
でも、そこの戦闘シーンにストーリーをいかにして上手に織り込むかがホビアニの腕の見せ所。遊戯王はデュエルだけど、デュエルが面白い話はびしっと締まる感じがしてやっぱ好きだすごく好きだ。

・クロノス先生VS十代!
周り中が見ている中でクロノス先生と十代のデュエル。本人たちも言うとおりに入学試験以来。入学試験… そこからずっと追いかけてる視聴者はどれくらいいるんでしょうか…(遠い眼
クロノス先生はアンティークギアデッキですが、これってどの程度OCG化されてるもんなんですのん? でも、十代の弱点である(アニメだと鬼引きであんまり関係ないが…)モンスター破壊をいきなり冒頭に持ってくるあたりクロノス先生GJ! そして、E-HERO中心でデッキを回しつつ、カッコいいモンスターがバンバン出てくる十代の今回のデュエル。
冒頭からいきなりアンティークギアゴーレムとフレイムウイングマンが並んでる図にはドッキドキ。懐かしいよぉーフレイムウイングマン~!! 大好きだよ~!! 
エアハミングバード+ネオス+補助カード かっけえええええ!! ネオスペーシアンはあんまり好きじゃないけどこいつらカッコいい!!
最近は除外されたカードもガンガンゲームに戻ってくるので(あんまり除外の意味がない)、どのカードがどのタイミングで消えたかを見ているのが楽しいです。特に墓地に送るときはちゃんと表側にして送ってるので、「今、墓地に何があるのかな?」と思いながら次の戦術を考えるのが楽しい…
アンティークギア系の補助カードをバンバン投入してくるクロノス先生。強いて言えば「アンティークギアキャッスル」が出なかったのが残念。でも、フィールド魔法はクライマックスですごいのが待ってましたよ…!!
途中でクロノス先生が本音を吐露して、応援席が真っ二つに割れるのが嬉しい。「ずっと一緒にいたいよー!」と「冗談じゃない!」が分かれてるのがいいなぁ~
応援を貰って元気になるクロノス先生、とうとう登場クロノス先生の真打カード。召還条件はむちゃくちゃだが強いぞーかっこいいぞー。なんかちょっとラピュタみたいだけれども(笑
デッキをがんがん回す十代。おかげさまで手札ゼロ。でも、手札ゼロでLP100の状態から、一気に奇跡の大逆転! というのはいかにも一期の十代らしくてむちゃくちゃ燃えます…!!
十代を応援したりクロノス先生を応援したり、「どっちも頑張れ!」といっちゃうこのデュエル。楽しくてかっこよくて最高だわ… すごいなぁ…
でも、声を重ねてみると、やっぱり十代は三年たって大人になったんだなあ。声も顔もぜんぜん違う。
来てくれるか来てくれるかとここ一月くらいずっと待ってたカードがついにキタ! 《スカイ・スクレイパー》!!
夜の摩天楼がいっきに展開し、ビルが一気に伸びて行く絵は、やっぱりむちゃくちゃカッコいいです。燃える~! ビルの中に埋もれてるアンティーク・ギア・ゴーレムも燃える!
そして、摩天楼の天辺で月をバックに立っているフレイムウイングマン…!!
ここらへんの作画は、スタッフも分かっているのか、すごく細かく書き込んであるなぁと思いました。一部、まるで絵がアニメというよりもOCGの絵みたいになっているあたりもご愛嬌(笑
ラスト、クロノス先生に、みんなでガッチャ…
ガッチャというよりも敬礼みたいでしたが、みんなでガッチャってのは初めて見たので不思議な感じでした。
……そして、ラストのギャグ顔十代に、不覚にもちょっとほろっと。
十代のこの顔って、ほんとに久しぶりじゃないかしら。っていうか二十代でこの顔を見るとは思わなんだよ~。
でも、先生がちゃんと面倒見て補修してくれるなら、きちんと卒業できそうですね。よかったね十代。(笑

なんか四期も、ここにきて、本当にラストに向けて収束展開に入ってますね…
十代もちょっとづつ元気を取り戻し、笑顔を取り戻し、なんとなく孤高な感じの二十代から、みんなのアイドルであるアニキに戻ってきてるのが嬉しいです。
そしてこれ思ったんですが、みんな十代の進路について心配してるけれども、アニメ展開をあえて無視して言うと、普通に卒業さえ出来れば、十代だったら推薦でいくらでも進路が見つかるんじゃあ?(笑
海外のアカデミアに留学という線もあるし、KCに行ってテストデュエリストになるって手もあるし、無論プロもありだし、オブと一緒に裏のお仕事やるって手もあるし。本人がどう思うかによりけりだとはすごく思いますけれども、あんまり心配する必要がない気がしてきた。

来週はとうとう卒業デュエルですか。なつかしーなー。十代VSカイザーは、ほんとに、GX屈指の名(迷?)デュエルだったと思います。
次回はホルスの黒炎竜。個人的にすごく好きなカードなので、テレビの画面で動いてくれるのが楽しみです。まじでうれしいな!
……そして、吹雪さん、やっと卒業できるんですね(しみじみ)
まあ、あの人も成績はいいみたいだし、明日香ほどの進路じゃないにしろ、きちんと推薦で進学すりゃいいと思います。2ダブは、まあ、病気のせいだと思えばしかたないさ!(笑

最近、GXは春で終わる(つまり2クールってことですかねえ)という噂をよく聞きますが、たしかにこのままの展開だと春に終わっても不思議はなさそうですね。
正直、こんだけカードが売れてる(最近、近所のお店だと、ファントム・オブ・ダークネスが常に品切れになってる…)という状態で作品を打ち切るか?というとかなり疑問なんですが、でも、これで平和に明るく終わってくれるんだったらそれはそれでいい気もするなー…
ダークネス関係の伏線回収とか、1月の末に再登場を果たすらしいアンデルセンボーイとかにもいろいろと謎や不安はあるんですが、今、こんだけたくましくなってくれた仲間たちがいれば、十代もまたなんとかなれる気もする。特に翔ちゃん。一期の、ただの十代の腰ぎんちゃくだったころから思うと、本人もデッキの中身も、別人のようにたくましくなって…(ほろり)

とりあえず、遊戯王のアニメ自体は、GXが終わってもたぶん終わらないとあえて予測します。
ホビアニはおもちゃが売れてるうちはシリーズが続くことが多いですし… クラッシュギアとかビーダマンとかベイブレードとか(笑 ただ、そういう場合はキャスト総とっかえってことが多いから、もしかしたら、またぜんぜん違う主人公が出てきて、あたらしいデュエリストとして戦うのかもしれない。そのあたりは分からない。
私は十代やみんなが好きだから、無論、このシリーズに続いてもらいたいですけれども、それとはまた別にアニメでデュエルを見るのも大好きなので(笑 あたらしいシリーズがくるなら、それはそれで応援したいと思います。
そういうことを考えても、頭が痛くならないし、気持ちもぐるぐるしないなんて、三期末から四期頭だと考えられなかったことですよ!(笑 ここ最近のスタッフにはGJと言わざるをえません。
……まあ、今日の作画は、ちょっとあれだったが……!!(笑



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら