忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/21/07:32

ジャバウォッキー 《詩》



おまえは嘘つきだから いっぱいの鞭をあげる
まるでバーベキューでもするみたいに 骨までじゅうじゅう焼いてあげる

そう断罪されて 子どもはわらう
ああ、やっと《それ》に気づいてくれたんだね
これでぼくはもう こんな重たいものを下ろしてもいい

翼のない鳥と
鳥のない翼と
どっちがより滑稽かしら

ぼくにとってはどっちもおなじこと
苦すぎる甘いシロップ

今、とりかごを開けるね
翼は飛んでいけ 鳥はうずくまれ
帰ってくるころには お前たちは もう鳥じゃない化け物になれてる

お前は悪い子だから
肉がえぐれて骨が見えるまで この足かせをつけていなさい
細い首をギロチンの前に差し出しなさい

《すきにするがいい おまえたち》
《ここにはもうぼくはいないって えいえんに気づかないでいるがいい》
《ぼくはなんにもこまらない なぜってけっきょくおまえたちは》
《ただの、ぼくのついた、たちのわるい冗談にすぎないんだからね!》


 ―――そういって、ジャバウォッキーはくすくす笑う
 声はなぜだか、ぼくらの知ってる、誰かさんにそっくりだ!


**********

どうも安定しないなあ。
シュヴァンクマイエルの《ジャバウォッキー》は名作だった…
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら