忍者ブログ

薄暮都市

同人・女性向けの話題専用のブログ ジャンルはよろず。遊戯王・DFF・バサラなど。 ときどき、アイマスや東方などの話も混じりますのでご了承の程を。

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 02/24/12:57

オブの国籍の謎


タイトルどおりなんですが、留学生についていろいろ考えて、いちばん対応に困るのがオブです…

ジムはまあいい。どこからどう見ても、完璧なオージー(オーストラリア人(笑))ですから。アメリカ版でもオージー英語を話してるらしいしね!

ヨハンは北欧出身でドイツ語名前を名乗ってるあたりデンマーク人で間違いないと思います。北欧の言葉だと、デンマーク語とスウェーデン語がゲルマン語族なので、どっちかがたぶん母語だと思う… 
ただしウチのサイトだとあえてフィンランド人設定を採用してますけども! (単純に私がフィンランドが好きだからですが(笑) ちなみにデンマークは同性カップルの結婚を世界で始めて法律化した国でもあります。デンマーク人は自国人の性格を「楽天家の快楽主義者で商才がある」と称しているっていうから、実にヨハらしいとも思う~

あと、名前からは実家が推測しにくいのがアモンですが、私は、アモたまはインド国籍で間違いないと思ってます。
アモたまは荒廃した貧困地域の出身で、それがガラム財閥の養子になって、と言っていたので、推測されるにパキスタンとの国境あたりの出身なんじゃないかなーと思ってます。そんで、たぶん生まれはクシャトリア階級だったんでしょう。
ガラム財閥もモデルもなんとなくイメージがあって、インドには今破竹の勢いで成長を続けてるミタル・スチール宇っていう重化学・鉄鋼の大企業があり、ガラム財閥も重工業とか鉄鋼とかをやってるってことは、アモたまはパキスタンとかの国境あたりの乾いた地域の生まれだったのが、クシャトリアカーストの生まれだったので、慈善と純粋な親切の結果、巨大な企業の養子にはいった、っていう流れだと思います。

…そして、ここまではいいんですよ。
問題はオブライエンです!! あんたいったいどこの人間なの!?

オブライエンは小柄で筋肉質で、黒人で、性格は自制的でストイック。そんでパパは傭兵だったから自分も傭兵稼業に足を突っ込んでる。学校はウエスト校の出身。
ウエストってからには西部ですか… 
普通にアフリカ系アメリカ人だと思ってもいいんだですけど、なんか、オブとオブパパを見てると、どう見てもアフリカンアメリカンというよりも、純粋にアフリカの人に見えるんだよな~。
まあいちおう理由もあって、ファッション… なにかちょっとエスニックな感じのする装飾品を好んで身につけている。ああいう身なりはアフリカ系アメリカ人っぽくない。さらに、『傭兵』っていう職業じたいが、ものすごーく、アメリカ人っぽくない!!
でも、オブママはサファリスーツの似合う(活動的な雰囲気の)、得意料理がアップルパイの丸顔小柄な黒人美人。そんで『オースチン・オブライエン』はどこからどうみても英語名前。
…これを書き始める前は、オブ、アフリカの人かと思ってたんですが、なんかアメリカっぽい気もしてきたな…
オブママは高等教育を受けたアフリカ系アメリカ人で間違いないと思うのですが、オブパパは正統派クリスチャンではなく、もうちょっとアフリカ土着の宗教の影響を受けてて、かつ、傭兵になるくらいだから紛争や内戦のある国の出身だと思われます。で、出身地域とかをみていると、そんなに熱帯って感じでもなかったですね。もしかしたら高地だから涼しい場所に住んでたのかもしれませんが。
うーん… 新大陸の人だとしたらハイチあたりの人かなあ… ただしオブファミリーは見た目がハイチっぽくない。(なんか南米の血が入ってなさそう) もしもアフリカ大陸の出身だったら、エチオピアあたりのアフリカ人キリスト教徒だと思われます。あのあたりは伝統的にイスラムが多いんですが、オブママは見た目がイスラム女性じゃなかったので「クリスチャン」という説を推してみる。
オブママはアメリカ出身の黒人で、NGOの活動とかでエチオピアとかで仕事をするようになり、現地の男性と結婚して、生まれた子どもがオブ、っていうノリかな…?

GXだからあんまり真面目に考えてないって説も強いですけどね、ええ!!(苦笑

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら